事故を起こしたあとの車の処理

街中や、高速道路などをドライブしていると、時々ドキッとさせられる場面に出くわす時があります。自分自身の不注意である場合として、眠気におそわれて注意力が散漫になっている際に追突しかけたり、車線をはみ出していたりという事があります。また、時間が無く急いで目的地までたどり着こうとして、交差点などを横断中の歩行者や自転車に気付かずぶつかりそうになる場合もあります。

初度登録年月(しょどとうろくねんげつ)|保険の用語集|セゾン自動車火災保険

しかし、それ以上にドキッとさせられるのは、予期していない時に巻き込まれてしまう場面ではないでしょうか。渋滞中に前の車が止まったのでその後ろに止まると、直後に後ろの車が追突してきたり、道路を直進していると、いきなり対向車線の車が右折で突っ込んできたり、場合によっては、対向車が車線をはみ出してきて、そのまま正面から突っ込んでくるということもあります。

自動車検査証(車検証)の確認方法 l マップオンデマンド l G-BOOK.com

このようにいくら注意をして運転していても防ぎきれない事故というのもありますから、自分は絶対事故を起こさないと思っていても、巻き込まれる可能性は十分に考えられます。では、実際に事故に遭った場合にはどうすればよいのでしょうか。

自動車修理 仙台

まずは警察を呼んで状況を確認してもらう必要があります。その後、どちらがどれくらいの割合で悪いのかという判断をしていくなかで、保険であったり、補償であったりという内容が決まります。しかし、この内容がどうなるかに関わらず、車が破損している場合は修理が必要なのは変わりませんので、事故後の対応が必要になってきます。

相手が100%悪い場合などは、修理費やその間の代車費用など相手側に請求可能ですが、そうでなくて結果が出るまでに期間が掛かる場合は、請求できるかどうかがわからない為、どこまで修理しておくかが悩ましいところです。簡単に修理して相手持ちになった場合は損をしたような気もしますし、完璧に直して自己負担になった場合は、ほどほどで止めておけばよかったと後悔するかもしれません。緊急で使用する必要が無いような場合は、事故後の負担比率がはっきりするまで修理を我慢しておく方が賢明なのかもしれません。