焼肉屋の牛ねぎタン塩っていちからあるの?

学生時代からもう何年も通っている焼き肉チェーン店がある。同じチェーンでも、あちこちのお店を利用しているが、どの店も駅チカにあり、小規模のスペースでインテリアはシック。

仙台グルメ&イベント (sendainomikui)さんはTwitterを使っています

店内には小粋なジャズが流れ、スタッフさんの対応はフレンドリーだ。メニュー数は限られているが、その分価格が抑え目で、ドリンクやデザートは女子好みの工夫も感じられる。いつ行っても食べられる定番メニューから、季節ごとに変わるメニュー、キャンペーンなどがあり、通う楽しみを作ってくれている。

仙台空港ターミナルビル - おすすめ商品

先日も、同期数人と会社近くのそのチェーン店を利用した。お決まりのメニューを頼み、それぞれの好みのメニューも注文しながら、そういえば、焼肉屋の牛ねぎタン塩っていつからあるの?という話題になった。タン塩に限らず、ねぎ塩をトッピングにした肉料理というのは非常に旨い。カルビでも豚肉でも鶏肉でも、ねぎ塩をかけるとそれまでの味とはまた一味違い、1つで2度楽しめるミラクルがある。



一番最初にねぎ塩を考案した人は、ノーベル賞ものだと盛り上がった。私たちもクリエイティブと言われる仕事に携わっているが、私たちの仕事で誰かを幸せにしているという実感は正直ない。その点、美味しい食べ物を提供する料理人、メニューを考案した人、サーブしてくれるスタッフさんたちは、人を幸せにする、素晴らしい人種だと思う。