使用済自動車は最高のエコロジー?

使用済み自動車は、車両の状態とその後の手続きによって、中古車として再販されたり、解体されて廃車手続きをするなどに分類されます。

廃車 手続き

自動車は金属やプラスチックなど様々な素材から出来ているため、解体後もパーツとして利用可能なものと、金属スクラップとして新たに素材として利用されるもの、その他「廃車がら」と呼ばれる部品に分類されます。

JAMA -JAMAレポート-

廃車がらは、素材として再利用可能な状態になるまでにプレスなどの工程が必要になり、粉砕したものから有用金属を回収します。そこから更に残ったものがASRと呼ばれるもので、最終的に利用不可能なものは埋め立て処分などに回されます。

パーツと素材まで含めてのリサイクル実行率は実に99%にも及ぶと言われ、現在の自動車が如何にリサイクルされているかがわかります。

使用者から見れば、リサイクルの観点以上に、自動車に掛かるコストも大きなエコの対象となるでしょう。

日産|自動車リサイクル法について|エアバッグ類・フロン類・シュレッダーダストの引取基準

中古車は新車よりも車両価格が安い事も魅力の一つですが、車両価格だけでなく、車両価格に掛かる取得税も安く済みます。車両本体価格が50万円以下の中古車なら取得税は無料です。

更に、中古車がエコに貢献している他の要因としてCO2削減という側面もあります。実は自動車は走行時だけでなく、製造段階でも大量のCO2を排出しています。資源採掘から車体製造の段階も入れ、一台当たりのトータルで環境への影響を配慮すると、環境にも貢献していると言えるでしょう。

リサイクルと環境への影響の双方で使用済み自動車がエコへ貢献していることは間違いないようです。