使用済自動車の魅力って一体どこ?

使用済み自動車は、中古登録して再販出来るものや、日本では車検に通らないとはんだんされても輸出して利用されるものについては、単純に再販対象としての乗り物の価値が付きます。

しかし、車両の登録を永久抹消したものに関しては、乗り物としての自動車の価値がなくなるのは当然の事で、その後は各パーツを部品取りしたり、車体の金属部分などリサイクル価値のある部分を取り出したりと、自動車本体を構成する部品一つ一つが個別に価値の有無を判断されることになります。

廃車 買取

また、最近ではハイブリッド車や電気自動車も急激に普及していることから、このような車種で廃車・解体扱いになるものに関しては、レアアース磁石やレアメタルなど、使用されている希少金属を再利用する為の取り出しが最優先とされています。

有機液体廃棄物(液体シンチレーター廃液)の集荷について | 廃棄物集荷

例外的ではありますが、稀少価値のある車両に関しては個体としての走行が不能であっても、単純に中古パーツの部品取り用としてでは無く、違う意味で価値が付く為、コレクターなどへの転売対象になって、部品取り以上の価値が付く事もあります。

亜硫酸パルプ廃液(黒液)からエタノール製造の研究開始/ アジア・バイオマスエネルギー協力推進オフィス Asia Biomass Office

以上の例は、再後者のコレクター的な要素を持つ使用済み自動車はともかくとして、部品取りについては再利用する業者やメーカーから見た魅力でしかなく、個人でパーツを利用する為に収集するような人以外、一般的な人にとって有益となる点は殆どありません。

稀に「廃車趣味」という、放置された自動車のウォッチングや撮影を趣味とする人もいるようですが、使用済み自動車というよりは、旧車など限られた車体が対象になるようです。